株式会社 サンワールド
 Home > 商品紹介 - 元気な子・年間行事セット
会社紹介
製品紹介
製品紹介
製品紹介
製品紹介
製品紹介
新商品のご案内
衛生検査システム


製品紹介
レギュラー商品
食 材
元気な子・年間行事セット
節分
節分の由来
2月3日は節分です。
節分は、新しい季節を迎えるに当たり、災厄・邪気を払おうという気持ちが込められています。その年のめでたいと定められている方角を「恵方」と呼び、地域によっては「恵方を向いて、ひとことも話さず海苔巻きを丸かじりすると良い」などの習慣があります。2014年の恵方は「東北東(甲(きのえ)の方角)」です。
桃の節句
ひなまつり豆ちしき
3月3日は女の子のすこやかな成長を祝うお祭りです。
菱餅(ひしもち)の縁は草萌える大地を、白は雪の純白を、桃色は桃の花をそれぞれ表しています。
縁起が良く生命力があり、女の子の健やかな成長を願うひな祭りにふさわしいものと言えます。
卒園・入園セット
端午の節句
どうして端午の節句っていうの?
もともとは古代中国の厄祓い行事です。
日本の端午(たんご)の節句は奈良時代からで、端午というのは元は月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、午(ご)と五(ご)の音が同じなので5月5日になったといわれています。昭和23年に法律で、男女の区別なくこどもの幸せを願う「こどもの日」をお祝いするようになりました。
 
七夕&夏祭りセット
ハロウィン
七五三お祝いセット
七五三のいわれ
昔、3歳までは、子供は神様からの授かり物、神の子であるといわれていました。
これが江戸時代になってから、武士の家では数え年3歳になると、「髪置の祝い」といって髪をのばす儀式を行い、男児は5歳または7歳になると「袴着の祝い」をして男の衣服をつけ、女児は7歳で「帯祝い」をして、つけ紐を取って本式の帯を締めました。これが七五三の始まりです。
クリスマスセット
※すべて非遺伝子組換え大豆を使用しています。
※ご注文からお届けまでは約10日前後かかりますので、予めご了承下さい。
※商品の包材・内容について予告なく変更する場合がありますが、ご了承ください。
※期間限定商品の為、お早めにご注文下さい。
   ▲このページトップへ